×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ユンボって意外と高く売れるんですよ

ユンボのブログを立ち上げました!

初投稿です!

 

こちらではユンボについて様々な情報を乗せていきたいと思います。

 

筆不精なので滞る事もあるかもしれませんが、末永くお付き合いいただければと思います。

 

ではでは。

ユンボって聞くとちょっと前にユンボルとかいう漫画がありましたよね?

 

ご存じの方いらっしゃるでしょうか?シャーマンキングを書いていた武井氏の漫画で割とすぐに打ち切りになってしまいましたが。。

 

ユンボってなかなかなじみが無い言葉のように思っていたんですが、割と全国的に知名度のある名称なのかもしれませんね。

 

ショベルカーや、油圧ショベルと言った方が割となじみがあるように感じました。

 

さてこのユンボですが、今外国で結構需要があります。

 

特にアジア、東南アジア系ですね。

 

このあたりの諸外国からすると、日本製のユンボや重機というのは割と物がいいというブランド意識があるようで結構売れているそうです。

 

日本で使い古されたユンボで、動かなくなってしまっていてもちょっと修理したり、部品を交換したりして動くようにすれば、また使えますしね。

 

ですので、個人の方や中小企業などで、ほとんど使われる事も無く倉庫に眠っているユンボなどがあれば、今はかなり売り時なのかもしれません。

 

ネットの業者だと高額査定で買取ってくれたりします。

 

リアルな店舗に持っていくと安い値段を吹っかけられることもあるようですが。。

 

もし、心当たりのある方は、一度ネットの無料査定をやってみてはいかがでしょうか?

 

もう処分するしかないと思っていたユンボに思わぬ高値がついて驚くことになるかもしれませんよ。

続きを読む≫ 2014/01/01 10:05:01

画像

ユンボという名前を聞いたことがあるという人は多いと思いますが、建設機械に詳しい人でないと若い人にはなかなか分からないかもしれませんね。

 

ユンボとは油圧ショベルや、パワーショベルとよばれる油圧ショベルの呼び名で建設機械の一種です。

 

ちなみにレンタルのニッケンの登録商標だそうです。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%83%9C

 

もともとはフランス・シカムという会社の製品こしょうだったのですが、紆余曲折を経て1960年代にほぼ今の形になったと言われています。

 

SICAM社と技術提携していた、新三菱重工が初めて国産化したときに、ユンボという名前で出したため、ユンボという名前が日本で定着していったようです。

 

特に最近の若い人や、工事現場等に関わりのない人は、ユンボというと工事現場で使われているような大きなものをイメージする人も多いと思います。

 

実際にそれも三菱重工業のユンボの場合もあるのですが、他にもミニユンボであったり、電動ユンボなんて呼ばれる小型の家庭サイズのものもあります。

 

実際には、三菱重工業以外のものは「ユンボ」という名称ではないのですが、油圧ショベルをユンボと呼ぶ人は多いです。

 

土木系の中小企業などではそういった小型のものを所有している所が多いようです。

 

こういった油圧ショベルは、古くなってくると廃棄に困ります。

 

そこで、ユンボ買取サイトなんていうのもあったりします。

 

買取後は海外などに流れていくみたいですね。

 

もし、古くなって使えないようなのがあれば、一度査定に出してみるのもいいかもしれませんね。

続きを読む≫ 2013/12/19 09:59:19